TOP » 不動産売却失敗談

不動産売却失敗談

不動産は、確実に資産としての価値を持ち、そこに存在している形のある実物資産。小さな土地や建物でも、売却すればかなりの高額になることは間違いありません。
ですが、タイミングを間違えてしまったり、取引する不動産屋選びに失敗してしまったり…といったミスをしてしまうと、本来の価値以下の評価額となってしまうことがあります。
不動産売却を今検討している…という方は、過去に失敗してしまった方の体験談を読んで、失敗を回避するための工夫を取り入れながら売却交渉を進めていきましょう。

売ったはいいものの買い手がみつからない

物件を売りに出し、情報を公開しているのにいつまでも買い手が決まらない…そういった物件のことを不動産用語で「さらし物件」と言います。売主側でどうしても譲れない条件がある、トラブルを過去に起こしている、など買い手側に勧め辛い条件が付いている場合が多いので、売れない場合は条件の見直しなどを定期的に行いましょう。

さらし物件になってしまう理由と事例を確認する

相続で権利に関することで問題が…

実物資産である不動産を相続する、となったとき、売却するのか、残すのか、どのように分けるのか。家や土地の権利はどうなるのか。自分達でどうにかしようとすると、後々トラブルに発展するケースが出てきます。その点、不動産相続を何度も手掛けてきた専門家を間に挟んでやり取りを行えばとてもスムーズです。

不動産の相続トラブル事例と解決法を確認する

マンションの査定額が信用できない

実はマンションの査定額は、査定する会社によっても割と差が出てくるものなのです。複数の会社に一括見積もりができるサイトを利用してみたり、地域の複数の不動産屋で条件を提示したりして良心的な査定額を出してくれるところを探しましょう。ただし、査定額どおりに売却できるわけではありませんので、査定額はあくまで交渉の1手段、という認識に留めておくべきです。

マンションの売却・仲介事例と査定の体験談を確認する

土地を査定してもらったが、価格が最初より落ちた

土地は場所も大きさも変動せず、築年数にも影響しない現物資産ですが、需要や周囲の便利さなどによって価格が常に変動しているため、過去に見積もりを取ったときよりも価格が上下した、というのは当たり前のことです。今後土地の価格がどうなっていくか、不動産の専門家と相談した上で、絶好の売り時を見極めましょう。

土地の査定金額と調布市の事情を確認する