TOP » 不動産売却失敗談 » 土地を査定してもらったが、価格が最初より落ちた

土地を査定してもらったが、価格が最初より落ちた

以前査定に出したときと土地の金額が変わる?実は、それは当たり前のこと。土地は周辺環境や設備、居住希望者の有無などによって常に価格が変化しています。良い売却タイミングを狙うには、どうすべきなのでしょうか?

土地の金額は常に変動するもの

過去に所有している土地を一度査定に出し、割といい値段がついていた。そのことを思い出し、再び査定に出して売ろうとしたら以前よりも値段が下がってしまった…こういった経験をした方は意外と多いです。
土地の大きさは変わらないのに、なぜ価格が変わってしまうのでしょうか?

それは、「土地自体が持つ価値は常に変動しているから」。例えば、近所に便利な施設ができたり、住みやすさランキングに食い込んだり…と、多くの人がそのエリアの土地を欲しがる理由ができれば、価格は上昇します。逆に、何らかの理由で不便になったり、治安が悪化する事件が起きたりすれば、土地の価格は下降するでしょう。

なるべく高い価格で土地を売却したいのであれば、良いタイミングを狙うこと。ですが、個人が集められる情報だけでは絶好の売り時を逃してしまう可能性があります。

絶好のタイミングを逃さないためには、地域に根付き情報をたくさん仕入れている「地元の不動産屋」を利用することが大切なのです。「今すぐ売ったほうがいいです!」というばかりのお店より、あなたの資産についてしっかりと考えて売り時を考えてくれるお店を探すよう、心がけましょう。

調布市の地価はどうなっている?

調布市における土地の価格は1987年からぐんと上昇、88年に最高値を記録し、バブル期は高値が継続。92年頃から価格が下がり、不景気により低迷していました。近年は少しずつ値を回復させてきており、毎年わずかな上昇を見せているような形に落ち着いています。

2017年度の地価平均は38万294円/平方メートル、前年比+1.87%を記録。地価ランキング全国27位、上昇率ランキング全国192位とかなり高い価値があると評価されています。調布駅前、布田、仙川、飛田給などは上昇率が高く、人気が高まっていますよ。

土地査定の体験談はネット上でも少なめ

口コミサイトなどに掲載されている意見は土地と建物をセットで売却するケースが多く、ほとんどの利用者は建物の査定に関する話や、土地建物セットでの価格について減給していますので、土地の価格だけに関する口コミや失敗談は見つかりませんでした。

ですが、土地は不動産にとって無くてはならない大切なもの。必ず土地にも価格はついていますので、不動産売却の査定を取る際は必ず何に幾らの値がついているのかの詳細を貰い、土地の価格についてもきちんと比べてみましょう。