TOP » 不動産売却のポイント » 土地売却のコツ

土地売却のコツ

家やマンションなどの不動産と違い、純粋に立地や面積の勝負になる土地の売買。それでもなるべく高く買い取ってもらうために、売り手側ができることとは?

更地でも不動産屋によって査定額は変わる

土地の価格は面積、駅からの距離、近隣の施設、街並み、騒音、日照条件など、様々な要素によって決まるものです。メンテナンスや綺麗に住んだか、などは全く関係ありませんので、なるべく高く売りたいのであれば、そこに住んでいたときに感じたメリットをたっぷりと不動産屋に伝えることが一番です。

土地査定時にはココに注意

市場の相場はインターネットや市役所などにいけば無料で調べることができますので、どのぐらいで売れそうか目安を知っておきましょう。もし悪質な不動産屋に依頼してしまった場合、無知だと安く買い叩かれてしまう可能性もあります。

調布市の戸建て売却相場状況

※ 売却額相場 = 売り出し中物件の価格となります。

2017年10月時点の情報になります。

面積 物件数 価格平均
~80平方メートル 2件 平均1,680万円
80~100平方メートル 3件 平均3,780万円
100平方メートル~120平方メートル 4件 平均4,370万円
120平方メートル~150平方メートル 4件 平均4,545万円
150平方メートル~300平方メートル 8件 平均5,698万円
300平方メートル~ 2件 平均1億5,900万円

土地を高く売るためのコツ

  • 売りたい理由は買い手には伝えない
    本当は一刻も早く手放したくとも、買い手側に急いでいることがバレてしまうと「幾らなら今すぐ購入する」とうまく値下げ交渉をねじ込まれる可能性があります。生活スタイルが変わったので、程度の当たり障りない理由をつけましょう。
  • 査定額の理由を不動産屋にきちんと尋ねる
    不動産屋側で需要がある土地だ、という明確な理由がある場合、他社見積もりより高くなることがあります。一方、契約が欲しいだけの業者の場合、見積もりでは高かったのにドンドン値段を下げる…というケースも。その査定額になった理由をきちんと答えられる業者に任せるべきです。
  • 不動産屋の売却実績を聞いておく
    「相場と比べて、高値になりますか?安値になりますか?」と質問してみてください。高値でも安値でも、販売ルートがある、など具体的な理由が出てくれば安心。「不況ですからね~」なんて曖昧な理由をつける業者は、売買に対する本気度は高くない、と考えて良いでしょう。